債務超過・税金滞納・信用情報難有り・赤字決算などでも受けられる可能性のある事業融資や資金調達方法

事業ローン徹底比較|事業資金調達方法〜ビジネスローンまで

資金不足で困っている事業者様へ

事業資金は色々な場面で必要になってくるものです。多くの中小企業や個人事業主の方は、急遽、資金調達のため金融機関から借入しようとする場合が多いのですが、公的機関や銀行の融資は、それなりの準備をしておかなければならず、直ぐに借りることはできません
比較的融資までのスピードの早い銀行のビジネスローンなどで対応してもらえればいいのですが、大抵の場合、銀行からの即融資は難しいでしょう。

それどころか、

銀行での追加融資を断られた
銀行の融資の審査を待っている時間がない
赤字決算や税金滞納などの理由で銀行からは融資が受けられる見込みがない

などの場合もあるでしょう。

ただし、困ったからといって、闇金などの悪質なところから資金を借りてしまうと、返済に追われ、事業の継続すら困難になります。それでは資金調達どころか、最悪の事態に追い込まれてしまいます。

 

当サイトではまず、返済能力があれば、赤字決算税金滞納などがあっても、素早く審査し融資をしてくれる可能性のある、実績と信頼がある事業ローン専門の会社をご紹介します。
それでも融資を受けられない場合、借入以外の資金繰りの対処方法、個人で借りる方法なども説明しています。

おすすめのビジネスローン

総量規制ができてから、中小企業や、個人事業主(自営業者)などが頼りにしていた、消費者金融で借りられる金額がとても少なくなってしまいました。だからといって、銀行ではそう簡単に貸してもらえません。それでも、生活資金としてではなく、総量規制の例外の事業資金として融資を受ければ問題ありません。事業資金目的で使える自営業者向けカードローン法人向けビジネスローンの取り扱いをしている会社もあります。ただし前述しましたが中には登録免許を受けていなかったりする悪質な業者もありますので、銀行のようにどこで借りても安全と言うわけには行きません。以下に事業ローンの取り扱いで実績のあるものを紹介しています。
ビジネスパートナー

赤字決算などで他で断られた方も、事業内容を評価して融資してくれる可能性があります。銀行や他のノンバンクで審査に通らなかった人も一度は相談してみることをお勧めします。

審査に必要な書類

法人−代表者本人様を確認する書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)、決算書原則2期分等/個人事業主−個人様を確認する書類、確定申告書原則2年分等

審査スピード

最短一日で審査可能・審査翌日には電話やファックスで融資可能。

融資の対象

満20歳〜満69歳までの法人代表者、個人事業主。

融資限度額

50万円〜500万円

実質年率

貸付9.98%〜18.0% 遅延損害金20.00%

申込方法

来店不要で、オンライン申込可能
今すぐWEBから申込できます

担保・返済期間・回数

担保不要・原則不要・最長5年(60回以内)
繰上返済可能で手数料不要


ランキング理由

税金の未納や赤字決算があれば、それだけで銀行や、政府系金融機関は門前払いです。ノンバンクでもかなり厳しいです。しかし、ビジネスパートナーは事業自体を評価して、返済能力があると判断できれば融資してくれます。

ページ上へ戻る

オリックスクレジット「ORIX CLUB CARD」

売り上げが入金されるまでの運転資金や、銀行からの融資までのつなぎ資金の確保など、事業主の方の不安を“安心”に変えるカードローンです。

必要書類

本人確認書類と年収を確認できる書類・個人事業主の方は「経営状況申告書」

当日融資可能

平日14:30までに契約内容同意手続きが完了していれば、当日融資も可能

融資対象者

申込時年齢満20歳〜満69歳までの法人代表者または個人事業主

融資額限度額

最大限度額500万円

実質年率

6.0%〜17.8%

利用場所

コンビニ・ATMでも利用可能


ランキング理由

パソコンやスマートフォンから24時間いつでもどこも手数料0円で登録の口座へ即時に振り込みをしてもらえる即時振込サービスは緊急時にとっても助かります。

ページ上へ戻る

ビジネクスト

事業拡大・決算時のまとまった事業資金、つなぎ資金など資金繰りで実績豊富(累計4万名)で安心なアイフルの事業者向けビジネスローン。

必要書類

法人=代表者本人を確認書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)、決算書原則2期分等||個人事業主=本人様を確認する書類、確定申告書原則2年分等

融資対象者

申込時年齢満20歳〜満69歳までの法人代表者または個人事業主

融資額限度額

融資額1万円〜1000万円・但し新規の申込の場合最大限度額は500万円

実質年率

利用限度額100万円以上8.0%〜15.0%
利用限度額100万円未満13.0%〜18.0%
延滞損害金20.0%

担保保証人・返済期間回数

担保不要・保証人不要(法人は代表者が保証人に)
元利均等返済:最長5年(60回以内)
元金一括返済:最長1年(12回以内)


ランキング理由

実績を作ることで最大限度額が1000万円万円まで可能になりますので、より大きな資金が必要になる可能性がある場合に実績作りするといいでしょう。100万円以上の融資の場合の実質年率が再考でも15%と低めなので100万円位所用の融資には有利です。

ページ上へ戻る

セゾンファンデックス VIPローンカード/事業コース

個人事業主がいつでも全国のコンビニなどのATMからキャッシングできる便利なビジネスローンカード。保証人や担保も不要で、年収の3分の1以上の融資も可能な事業資金になります。

必要書類

・申込書・本人確認書類=健康保険証コピー ・運転免許証または運転経歴証明書のコピーなど
・事業実態を確認できるもの=確定申告書・決算書
・事業計画や資金繰り、収支計画などがわかるもの=(借入計画書がダウンロード可能)

ATMでいつでもキャッシング

全国14万台のCD・ATMで必要な時に直ぐに引き出し可能でとても便利。

資金使途

個人事業主の設備資金や一時的な運転資金などの事業性資金に利用可能

融資対象

20歳から65歳までの毎月定期収入のある電話連絡可能な個人事業主(法人格を有さず事業を営む個人)の方。

融資額

1万円 〜 500万円(500万円を超える大きな資金がいる人向けには不動産担保ローンも別途有。)

実質年率

融資利率 6.5% 〜 17.8% 遅延損害金 年率9.49〜20.00%

担保保証人・返済回数期間

最終借入後原則最長5年(1〜60ヶ月)・1〜60回・担保、保証人、連帯保証人が不要。


ランキング理由

個人事業主専用のカードローンなので、契約限度額まで必要なと弾きに必要なだけATMからキャッシングできるのはとても便利。しかも返済時の利息は日数分だけなので無駄な利息の支払いをする人用がありません。

大きな資金が必要な人には不動産担保ローンも用意

●融資限度額
100万円〜1億円未満
●変動金利 3.8%
(年1回利率見直し/みずほ銀行の長期プライムレート+2.65%・4月1日を基準日として同年6月5日より新利率を適用)
●固定金利 5.8%〜9.9%
金利の種類(変動金利または固定金利)は、審査によって決められます。
通常ご融資年率:固定金利 5.8%〜9.9%
(実質年率15.0%以内 ※事務手数料・調査料などを含め年率で換算したもの)

ページトップへ戻る

融資以外の資金調達方法

融資を新たに受けるだけが資金繰り改善の方法ではありません。資金調達と同様の効果がある方法も存在します。

債務超過・税金滞納・信用情報難有り・赤字決算などで融資が受けられなかった場合でも、売掛金債権があれば資金調達が可能です。また新たな債務をかかえることにはならない>ので、会社の評価が下がらず逆に資金繰りが改善し評価が上がる場合もあります。

ファクタリング
もし事業ローンの審査に通らなかったらファクタリングも検討してみましょう。
自社の財務状況に関係なく審査

100万円以上の売掛金がある場合は、ファクタリング資金繰りを改善できる可能性があります。
自社の審査ではなく、売掛金先の信用に基づいて審査され、もちろん相手先にも知られることもありません。売掛金の先取りで、新たな融資を受けるわけではありませんので返済の心配もないわけです。
この資金調達方法では、新たな融資を受けるわけではないので、資金繰りの改善効果があります。その結果、企業価値が高まり、融資の可能性が出て来るかもしれません。


おすすめの理由

売掛金の先取りという形の資金調達なので、自社の財務状況よらず資金が調達できるのが一番のメリットです。資金全体が増えるわけではありませんが、資金繰りの改善で、あらたな融資の可能性も出て来るかもしれないので、上記のような会社からも融資が受けられなかった場合またそれでも足りない場合の強い味方となります。

ページトップへ戻る

即日資金が必要(緊急対応として)

どうしても即日、あるいは翌日午前中に資金が必要な場合、前述のビジネスローンも早く対応してくれますが、最短でも丸1日は必要です。 そんな場合、最も早く対応してくれるのが、ノンバンクの個人向けローンです。法人の方の場合、個人で借りて、会社に貸し付けるパターンになります。プロミスのように事業用資金が借入できる場合もあります。

個人事業主の方であれば、個人枠で借りても何ら問題はないわけですから、無利息ローンなどを上手に活用すべきでしょう。

即日・短期の資金が必要な場合におすすめのカードローン
プロミス(個人事業主あるいは個人限定)

最短1時間

融資額1万円〜500万円
貸付利率4.5%〜17.8%
即日振込可能

平日の14:00までにWEB契約完了をすれば、なんと即日振込融資が受けられます。融資までのスピードはピカイチです。

土日・深夜でも振込融資可能

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座への振込融資であれば、土日祝祭日でも振込融資が受けられます。(契約完了が前提)

30日間の無利息あり

金利が高いノンバンクですが、この30日間の無利息期間を利用(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録必要)できれば、短期資金としては一番の低金利と言う事になるでしょう。


自営者カードローンも有

フリーキャッシングの他に、最大で300万円までのご利用限度額の自営者カードローンも用意されています。希望により当日中のご利用も可能です。(※お申込時間により当日中にご利用いただけない場合がございます。)

消費者として借りる場合は送料規制の対象になりますが、50万円までであれば、最短60分で借入できますし、初めての利用であれば30日間の無利息期間(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録必要)もありますので、緊急の時のつなぎ融資としてはとても助かる存在になります。銀行のカードローンでは事業資金としては利用できないとなっていますが、プロミスでは、個人事業主が事業性の資金に利用することもOKとしています。

 

アイフル(個人事業主あるいは個人限定)

融資額1,000円〜500万円
貸付利率4.5%〜18.0%
最短30分で審査完了

審査時間が早いので即日融資も可能。(申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合も。)

審査の時短方法有り

インターネットから申し込み後、フリーダイヤルにお電話すれば、審査にかかる時間が短縮できます。(受付時間9:00〜21:00)。

配達時間えらべーる

指定の時間帯に、ご自宅でカードが受け取れる宅配便サービスが利用できますので不在がちな方でも安心です。
本人様限定配送なので家族や社員に心配をかけずに、安心してカードを受け取ることが出来ます。
*「配達時間えらべーる」はPC・スマホ限定サービスなのでインターネットから申込しましょう。


モビット

300x250 竹中さん 静止

融資額1万円 〜 800万円
貸付利率3.0% 〜 18.0%
当日融資について

平日14:50までに契約完了できれば、当日振込が可能。WEB申込でもカードの受取をローン契約機にしておけばその日のうちにカードを受け取れます。(*ただし審査結果によっては、希望に沿えないことも )

ネットで事前診断

WEBで10秒簡易審査という事前に申込可能かどうかの診断ができるので不安な方は事前診断を試してみるといいでしょう。

WEB完結申込

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通口座を持っている人には、WEBだけで完結する申込方法が利用できるので煩わしさがありません。


 

ページトップへ戻る

ビジネスローンの審査を通りやすくする方法

一般のビジネスローンはたとえ前年の決算が赤字であっても、単年赤字であるとか、現在は業績が上向いている、その資金で改善が充分見込める、あるいは赤字でも取引内容で充分返済できることがみえれば、融資審査に通る可能性は高いです。ここでは銀行を含めた事業ローン全般に関して、より審査を通過させるための準備について解説します。

最重要なのは決算書

事業ローンの申込に必要な書類はあらかじめ準備しておいた方が、申込手早くでき、審査完了までの時短になります。特に急いでいる場合は、審査に必要な書類を先に準備しておきましょう。申込する金融機関によって、必要となる書類は多少異なりますが、事業ローンの申込に特に重要なものは決算書です。

殆どの場合前期の決算書だけでなく、前々期の決算書(個人事業主の場合は確定申告の2期分)も必要になることが多いです。銀行など金融機関によっては、3期分の決算書を求められることもあります。

決算書で企業の格付けがされる

金融機関は、決算書(個人の場合は確定申告書)をみて、事業者の格付けをします。その格付けによって、金利や限度額なども決定されます。もちろん、審査に落ちる場合もあります。つまりこの決算書の内容次第で、融資が受けられるかどうかのほとんどが決まるのです。

決算書は財務安全性に関する数字が重要

では決算書の中でどんな数字がその格付けに大きく影響するかですが、安全性に関する数値です。この安全性に関する数値は貸借対象上の「純資産の合計」「負債部の合計」「固定資産合計」「流動資産合計」「流動負債合計」「当座資産合計」「経常利益(損失)」「借入金合計」「総売上高」の9項目が重要になってきます。

財務安全性を高める方法

前述した9項目のなかで、財務分析上の安全性を高めるのに役立つのは、「流動資産合計」「純資産の部合計」の2つを増加させることです。この2つの項目だけをプラス上昇させるだけで、格付けが上がる可能性が大です。

そして、この1つである、「流動資産合計」を改善するには、できるだけキャッシュフローにしていくことです。では、どうやったら、それが可能なのかということになりますが、あたりまえではありますが、利益を率を拡大したり、無駄な設備投資をされるなどありますが、一番取り組みやすくすぐできそうなのは、「売掛金債権」の回収機関を短縮することです。
これは相手先が有る事なのでそんなに簡単にはできないと思われると思いますが、第三者にこの債権を担保に融資してもらう方法があります。よく具体的な方法は、ファクタリングについての記事で触れていますので個々では解説しませんが、売掛金債権を早く現金として回収することで、今すぐにでも「流動資産合計」を改善させることが可能になります。

そして次にできる方法としては、過剰な在庫をできるだけ持たないように、需要のある物を良く分析し、いつ何がどんな時に売れるのかを計算して、「在庫回転期間」を短縮することです。これらはすぐにでも取り組める方法で、これによって、会社の格付けを上げることができ、融資の審査に通りやすくなります

融資審査の基準についてもっと詳しく

借入以外に出来る資金調達方法

どこから借りるにせよ、融資を受けることだけが資金繰りの対策ではありません。借り入れ以外の方法として、ファクタリングについては上記で紹介しましたが、その他にもいくつかの手段があります。ファクタリング以外の方法では急ぎの対応はほぼ不可能ですが、少しでも時間に余裕がある場合は検討してみるべきではないでしょうか。

詳しくはこちら

いざという時のために銀行カードローンは必須

事業者にとって資金繰りに詰まってしまうことの一度や二度はあるものです。特に事業を立ち上げて間もない2〜3年未満にはありがちです。

ちょっとした資金ショートであれば事業主であるあなたが立て替える(短期間、会社に貸し付ける)ことができれば問題はないわけです。
でも個人的にもお金に余裕がないという場合もあるでしょう。
そんな時、金利も低く、即日に借りることができるのが銀行のカードローンです。ノンバンクよりは審査が厳しいですが、総量規制の対象外ですので、存外、まとまった金額を借りることができる可能性もあります。 信用度にそこそこ自信のある方は、銀行のカードローンの1つは2つ、持っておくことが、今や中小零細企業の経営に携わる人、個人事業主にとって当然のことと言えるでしょう。
銀行で借りるカードローンとビジネスローンの違い

ページ上へ戻る


ホーム RSS購読 サイトマップ
事業ローン承認率の比較 審査基準 法人で借りる 自営業で借りる