銀行から受けられる融資について比較してみよう

銀行のカードローンとビジネスローンの比較

銀行から借りられるローン

2種類の銀行カードローン

銀行の商品には、個人向けのカードローンと、個人事業主や中小企業事業者むけのビジネスローンがあります。カードローンは消費者向けの商品で、総量規制ができて消費者金融業者がかなり減ったことから、その需要を狙ったカードローン商品が、ほとんどの銀行から出ています。

消費者向けカードローン

消費者向けのカードローンは基本的に使い道自由で、予め設定された限度額までであれば、いつでもキャッシングできるという個人向けのカードローンです。つまりその性質は消費者金融のカードローンとほぼ一緒です。

 

銀行カードローンのメリット・デメリット

メリットは銀行の商品なので、貸金業法上の総量規制をうけないという点また、消費者金融の金利よりも低く限度額も大きいものがほとんどです。それを考えると、消費者金融でカードローンを作るよりも、銀行のカードローンを作ったほうが有利だといえます。

しかし、総量規制がかからないと言っても審査は消費者金融よりも厳しいですから、年収が少なければ総量規制以上で審査にとおるのは困難ですし、銀行のカードローンのほとんどは、事業性の資金としての使途を認めていません。ですから、事業資金目的で申し込むことはできません。

それでも作ったおきたいカードローン

事業資金としては直接使えませんが、家計には使えるわけですので、住宅ローンや自動車ローン、生活費には使えます。その分浮いた生活費を事業の方に回せばいいので、金利の低い銀行のカードローンは持っておいた方がなにかと便利です。

これは、個人事業者であっても、法人代表者であってかわらないでしょう。ただし、審査は厳しいですから、事業の状況が悪化してから申込んでも、審査に通るのは難しいでしょう。
ですから、今必要なくても、作れる時に作っておくほうがいいと思います。持っているだけで使わなければ年会費などはありませんから。

ビジネスローン

ビジネスローンも色々な形態が有るとおもいますが、主なものは、個人向けカードローンのように、限度額があって、その限度額内であれば、いつでもキャッシングできるという極度型のものです。持っているだけであればやはり年会費も利息もかからないので、いざとい時に備えて作っておくと便利です。

 

銀行ビジネスローンのメリット・デメリット

メリットとしては比較的金利が低めなので、一般的な融資と違い、必要な時に必要な額だけキャッシングできるので、無駄がりあません。また限度額内であれば、追加で借りられるので、普通の融資のように追加融資を申し込む必要がありません。デメリットとしては、申込即日利用できるというのは稀なので、数日から一週間ぐらいかかりますので今すぐという資金には使えませんし、生活資金としての利用もできません。。また申込の限度額り設定はたいてい200万円〜300万円ぐらいなので、大きな資金を必要とする場合には向きません。基本的につなぎ資金、短期資金としての利用になります。

さらにいうと、ビジネスローンなので、決算書など審査に必要な書類の用意などが消費者向けカードローンよりも面倒だと考えられます。

 

 

ページ上へ戻る | HOME


ホーム RSS購読 サイトマップ
事業ローン承認率の比較 審査基準 法人で借りる 自営業で借りる