債務超過・税金滞納・信用情報難有り・赤字決算などでも受けられる可能性のある事業融資や資金調達方法

借入頼らない資金繰り改善方法

融資だけが、事業資金調達方法ではありません

同じ資金が足りないという場合でも、それぞれどんな状況で融資を必要としているのかは異なりますね。支払いサイクルの問題で資金ショートになる可能性がある場合も考えられますし、新たな商品の開発資金が必要な場合や、取引先に問題が生じて入ってくるべきお金が入ってこなくなったという場合など、いろいろな事があるでしょう。

融資を受ければ、その状況が改善される場合もあれば、融資を受けても、結局は返済しなければなりませんので、経営状況は改善できない場合もあります。
なんでもかんでも融資に頼るのではなく、融資以外で資金を調達する方法や、資金を調達しなくても、資金繰りを改善する方法を検討すべきです。実際に事業ローンを組んで返済をしていくような融資に頼らなくても、資金を調達と同様の効果をもたらし、資金繰りを改善する方法はあるのです。

 

借入頼らない資金繰り改善方法記事一覧

開発資金ならばクラウドファンディング|新商品のマーケティングも可能

「クラウドファンディング」とは、賛同者、支援者、ファン、投資家などから少額から可能な出資金を集めて、目標達成に必要な資金を作る方法です。基本的に、融資を受けて、返済していくという資金の調達方法ではありません。個人から企業まで、少額から、大口まで、幅広い対象から、資金を集める方法で、いわば会社がその株...

≫続きを読む

 

ファクタリングで資金調達

ファクタリングとは、売掛金がある場合、その売掛金が入金される前にそれに相当する資金を得る仕組みのことです。売掛金担保融資、売掛金買い取りと言えばもっと分かりやすいでしょうか?もちろん手数料がかかりますので売掛金の100%の金額は無理ですが、売掛金の90%以上の借入も可能です。また売掛金の額がある程度...

≫続きを読む

 

小人数私募債で事業資金を調達する

少人数私募債とは、簡単に言ってしまえば、社債のことです。つまり融資を受けるのではなく、投資家に買ってもらう事になりますので、当然ながら満期には返済が必要となるものです。同じ返済しなければならないお金ではありますが、ビジネスローンなどの融資を受けるのとは違い、発行する側で償還期間や支払い利息を決めて発...

≫続きを読む

 

助成金・補助金で資金調達すれば返済不要

融資の場合は、銀行で借りようと、政府系金融機関から借りようと、必ず返済しなければならないお金になります。それに対して、助成金や補助金といったものは、返済をしなくていいお金です。返済しなくてもいいお金ですから、受け取れたら確実に財務状況が良くなります。そして申請の条件に合えば、国の予算があるうちは必ず...

≫続きを読む

 

設備投資資金の代わりにリースを利用する

設備投資が必要になったけれど、融資を得るのが難しいという場合、リースであれば、審査に通るという可能性もあります。もちろん、リースであるから簡単に審査に通るというわけではありませんから、どんな場合でもうまくいくとは限りませんし、必要な設備がリース商品になっていない場合もありますから、難しい場合もあるで...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
事業ローン承認率の比較 審査基準 法人で借りる 自営業で借りる