債務超過・税金滞納・信用情報難有り・赤字決算などでも受けられる可能性のある事業融資や資金調達方法

開発資金ならばクラウドファンディング|新商品のマーケティングも可能

クラウドファンディングとは

クラウドファンディング」とは、賛同者、支援者、ファン、投資家などから少額から可能な出資金を集めて、目標達成に必要な資金を作る方法です。基本的に、融資を受けて、返済していくという資金の調達方法ではありません。

個人から企業まで、少額から、大口まで、幅広い対象から、資金を集める方法で、いわば会社がその株式を購入する投資家を集めるというように形とにていると言えます。
違いは、会社そのものに出資をしてもらうのではなく、企業だけでなく、個人や団体、組織などの特定の目的のためだけに投資または寄付に近いようお金集めるという点です。
より具体的に例をあげると、ある商品を開発するアイディアやノウハウを持っているが、その開発資金が足りない場合、その商品が欲しいとか、将来性をみこんで投資したいと思う人たちから、その開発資金を出してもらうという方法です。
それが、ものではなく、サービスだったり、慈善事業だったり、災害復興だったり、伝統技術の復興や維持だったりと、利益の追求だけではなく、色々な目的をの達成を対象となる場合があります。
出資した人への報酬は、些細な記念品のようなものから、できた上がった商品を配布するなど様々な方法で行われています。
つまり、融資を受けずに、資金調達ができる方法なのです。

新商品の開発資金に最適

新商品を開発するための資金が必要な場合、融資を受けることを考えると、なかなかそれを説得させ銀行などから融資を受けるのはたやすいことではありません。よほど売れるという確認でもなければ、リスクが高くなれますから、開発資金として借りるのは困難です。また融資を受けた自社自身、どれだけ需要があるのかヒットするのかも分からずに、資金を投じて開発するのはリスクの高いものとなります。仮にうまく開発が進んで、商品化できたとしても、開発資金を超える利益が出るかどうかは実際にやってみなければならないと分かりません。

そんな場合に、クラウドファンディングで資金の出資を呼び掛けることは、とても理想的な手段になりえます。「このような商品を企画しています。ご賛同いただける方に出資をお願いします。目標資金額に達した場合は、製品を作り、出資して頂いた方にお送りいたします。」として、出資を募れば、その商品を欲しいと思う人がたくさんいれば、資金は集まりますし、そうでなければ資金は集まらないので、開発自体できませんし、作っても売れる可能性は少ないと判断できます
つまり、ある程度需要がどの程度あるのか、開発前に知ることが可能ですし、開発費の負担も現物支給という形で提供すればいいので、とても楽になります。いわば、注文生産の様な効果を持つのです。
つまり自社だけで開発する資金があったとしても、クラウドファンディングを利用すれば、マーケティングも同時にできてしまうわけです。
さらにその開発した商品の提供をして、実際の使用感を意見して頂き、より改善した商品を開発できる可能性もあります。とても少ないリスクで、大きな効果を得られる方法なのです。

開発資金ならばクラウドファンディング|新商品のマーケティングも可能関連ページ

ファクタリングで資金調達
売掛金があればそれを担保に資金を融通してくれる、それがファクタリング。負債にならないので、会社に財務評価を下げずに済みます
小人数私募債で事業資金を調達する
融資を受けずに資金を調達する方法として、小人数私募債という、出資者を募る方法があります。メリットデメリットについてまとめてみました。
助成金・補助金で資金調達すれば返済不要
融資を受けたならば返済しなければなりませんが、助成金であれば、条件さえ満たせば受けられて返済しなくて済むので、資金調達に最適です。
設備投資資金の代わりにリースを利用する
設備投資の資金がない場合はリース契約で資金調達と同じ効果を得ることができます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
事業ローン承認率の比較 審査基準 法人で借りる 自営業で借りる