債務超過・税金滞納・信用情報難有り・赤字決算でもファクタリングならばOk

ファクタリングで資金調達

ファクタリングとは

ファクタリングとは、売掛金がある場合、その売掛金が入金される前にそれに相当する資金を得る仕組みのことです。売掛金担保融資、売掛金買い取りと言えばもっと分かりやすいでしょうか?もちろん手数料がかかりますので売掛金の100%の金額は無理ですが、売掛金の90%以上の借入も可能です。

また売掛金の額がある程度ないと、引き受けてもらえません。これはファクタリング会社によってことなりますが、少なくとも100万円以上の売掛金は欲しいところです。

 

ファクタリングの手数料は

金利と同じで、借りたい金額や、リスクによって異なります。あくまで1例に過ぎませんが、500万円の買い取りで、手数料は8万円、1000万円で20万円などです。

取引先にばれない

売掛金を支払う会社を審査することになりますが、取引先に通知せずに審査することができるので、内密に売掛金を買い取りしてもらうことができます。ファクタリング引き受け会社が直接取引先に売掛金を請求ものではなく、売掛金が入金されてから、自社が支払うことになります。債権譲渡ではありませんので、自社の信用を傷つける恐れはありません。

信用情報に難ありでも借りられる

赤字決算や、税金の滞納、信用情報に難ありの評価など、融資の審査に通らないような状態であっても、自社の審査ではなく、相手先の信用が審査の対象となるので、通常の融資では困難な場合でも借りられる可能性があります。ただし、自社の信用度によって、手数料が変わる可能性があります。

返済は売掛金入金後

返済は分割ではなく、一括返済です。売掛金が入金されたら後に支払うという形です。ファクタリング業者によっても異なりますが、だいたい入金予定日の数日以内が返済日のようです。

ファクタリングの限度額

売掛金の金額分に近いものが限度額になります。ただしファクタリング会社の資金力も当然影響しますので、最大限度額はその会社によっても異なってきますが億単位の借入も可能です。

融資の審査に影響を与えない

ファクタリングで借りるお金は、本来入って来るべきものなので、財務上の負債扱い(貸借対照表上負債にならない)にはなりません。売掛金を売買しているだけで、物を届ける前に先払いを受けているのと同じことになります。つまり負債に計上されないので、後の融資の審査には影響しません

毎月利用可能

毎月の入金サイクルを早めるために、毎月ファクタリングを利用することも可能です。特に受注拡大、事業拡大の場合、運転資金増えていきますから、売掛金を毎月先取りできれば安定して売り上げを伸ばしていくことができます。

違法性がない

売掛金を売買することに、違法性があるのではないかと心配される方もいますが、それは全く心配する必要はありません。資金調達の有効な手段として売掛債権を担保として資金を調達することについて国も有効な手段としています。(経済産業のレポート参照)

キャッシュフローの改善になる

毎月ファクタリングを利用すれば、販売したら、即売掛金が発生しますので、即日資金化できます。つまり大幅なキャッシュフローの改善につながるわけです。これは企業の財務評価に大きくプラスに評価されるはずです。つまりは、新たな融資を受ける際の審査にプラスになる事になります。それまでは融資が受けられなかったという場合でも、これによって追加融資が受けられるようになる可能性も広がります。

 

資金調達のプロ

 

ページ上へ戻る | HOME

ファクタリングで資金調達関連ページ

開発資金ならばクラウドファンディング|新商品のマーケティングも可能
新商品開発のための資金が欲しい場合は、融資を受ける以外にも資金調達の方法があります。それがクラウドファンディングです。
小人数私募債で事業資金を調達する
融資を受けずに資金を調達する方法として、小人数私募債という、出資者を募る方法があります。メリットデメリットについてまとめてみました。
助成金・補助金で資金調達すれば返済不要
融資を受けたならば返済しなければなりませんが、助成金であれば、条件さえ満たせば受けられて返済しなくて済むので、資金調達に最適です。
設備投資資金の代わりにリースを利用する
設備投資の資金がない場合はリース契約で資金調達と同じ効果を得ることができます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
事業ローン承認率の比較 審査基準 法人で借りる 自営業で借りる