日本政策金融公庫の融資についても知っておこう

融資を受ける場合どこがベストか?

事業ローンはどこで組むのがいいのか?

銀行にもノンバンクにもビジネスローン商品はあります。ただし理想的な融資を受けるとすれば、やはり日本政策金融公庫の融資なりるでしょう。とくに初めて融資を受ける人や創業資金を必要とする人にとっては知っておきたい融資元です。次の2つのポイントを重要視するとすれば公庫ぐらいしかあれません。

できるだけ低金利で融資を受けたい

ある程度まとまった資金を調達して、毎月売り上げの中から返済していくわけですから、金利が低い方がいいにきまっていますよね。利息の支払いで逆に事業が苦しくなってしまうようでは元も子もありませんから。

返済据置き期間が欲しい

普通、融資が実行されたその月、またはその翌月から、返済日がやってきます。借りたものを即返したいくことになります。半年から1年ぐらいたってから返済開始であれば、フルに融資された資金使えますし、をその間に事業を拡大させていくことができて、返済時にはゆとりをもてます。


ただし必要資金の性質にもよります。

一番条件がいい日本政策金融公庫の融資ではありますが、公的融資ゆえの弱点もあります。。申込の書類作りも手間がかかりますし、審査に時間がかかりますので緊急的な資金調達には向きません。場合によっては専門家に依頼する必要も出てきます。またすでに公庫から借り入れ、返済中で追加だ融資を受けるのが困難な場合や、審査に通らない場合も考えられます。

また融資可能になってからが実行される間の時間に、資金が必要な場合が生じることもあります。つまり資金調達先が日本政策金融公庫だけでというのは困る事になります。

複数の資金調達先を持っておこう

地方自治体の融資

公的な事業資金の融資を行ってくれるのは、国の機関だけではありません。地方自治体も自分の地域の産業を育てるため事業資金の融資をしています。多くの場合は直接融資をするのではなく信用保証をすることによって、銀行からの融資を手助けしたり、金利をいくらか補填したりしています。
銀行からの融資

運転資金が心もとない、取引先の入金が遅れた時などの心配や、運転資金を増やして事業を拡大したい時などに備えておくのには、銀行のビジネスローンの利用がいいでしょう。銀行のビジネスローンは、資金の規模は少ないですが、事業の実績があれば、個人事業主であっても、担保無、保証人無で組むことができます。
事業資金融資会社

銀行の審査はなかなか厳しいです。財務状況が悪化してからの追加融資などは特に困難です。そんな場合は、法人向け、個人事業者向けの事業資金の融資を行っている銀行以外の業者が対象になります。

ただし、事業資金の融資では消費者金融のようにあまり名前の通った会社はないので、危険な貸金業者かどうかの判断が付きません。実績が豊富で信頼度の高い会社は、当サイトで紹介していますので参考にしてください。

急場のつなぎ融資にノンバンク

今すぐにでも資金が必要になった場合。即日融資してくれるのはノンバンクです。大手の消費者金融系は金利は高いですが、その日のうちにキャッシングできます。50万円ぐらいの資金を直ぐに必要とする場合は、つなぎ資金として利用する価値があります。

また銀行の個人向けカードローンという方法もあります。事業資金としては使えないものですが、生活資金を借りて、生活資金に回す分を事業資金にあたる事で、急場をしのぐことができるでしょう。

ページ上へ戻る | HOME


ホーム RSS購読 サイトマップ
事業ローン承認率の比較 審査基準 法人で借りる 自営業で借りる