最短最速で融資が受けられるのはどこか

最短最速で資金調達したい場合

今直ぐ融資を受けたい場合

融資の条件、金利や返済期間などをより有利なものにして借りるのは当然のことですが、条件のいい融資を受けるには、申込から審査まで時間がある程度必要になります。

今日、明日中にでも資金が必要という場合には、条件よりもスピードが重要になりますね。
急いで借りなければならない場合、政府系金融機関や地方自治体の融資に申込んでいる時間はないでしょうし、それよりもいくらかは審査が早い銀行のビジネスローンやカードローンでも申込んで即日借りるということはなかなか困難です。
利用できるまでの時間が早いことを最優先すると、一番早いのはやはり消費者金融系のカードローンです。
銀行のカードローンと違い、個人事業主が事業資金に使うことも制限していませんのでどうどうと事業資金として使うことができます。法人の場合は、代表者が個人で借りて、会社に個人的に貸し付けるという方法で使うことになるでしょう。

消費者カードローンの注意点

総量規制がかかる

消費者金融系のカードローンの場合は、総量規制の対象になりますので、銀行以外の貸金業者で借りている額が年収の3分の1を超えてしまうと新たな借り入れができません。

50万円までの限度額

おおくの業者が、即日最短利用をするには50万円までの限度額での申込のようです。貸金業法で、一か所で50万円を超える金額を借りる場合、他社と合わせて100万円を超える場合は、所得証明書を確認しなければならないという決まりがあるので、審査に時間がかかるからだと思われます。

長期に借りるには不利

銀行と比べるとやはり金利は高くなり、50万円の限度額ですと、18%前後金利になることがほとんどですので、長期に借りると利息がたくさんついてしまうのであまりお勧めできません。短期で返済出来ないようであれば、借り換えなどで長く借りないようにすべきです。

自営業者向けカードローンもある

消費者金融のカードローンには、自営業者向けのカードも用意しているところもあります。こちらは、事業資金専用なので、総量規制の例外として、総量規制の限度額に関係なく借りることができます。そのため50万円を超える限度額でも問題なく申込できます。ただし、個人消費者向けカードローンよりも少し審査に時間がかかるかもしれません。

おすすめカードローン

消費者金融系のカードローンを申込する場合は、名まえを聞いたことも無いような業者を利用するのは避けるべきです。とくに貸金業法改正で総量規制ができてからは、貸金業者はかなり減ったので、知名度のないところで借りると闇金だったりする恐れもあります。大手の貸金業者でCMでもよくみかけるような、信用力のある会社のカードローンを利用しましょう。

なかには無利息期間をサービスしているカードローンもあり、短期で借りて返済する場合は、銀行のカードローンよりも利息が少なくて済んでしまいます。申込方法も簡単でWEBだけでほとんど手続きができますし、審査時間もとても短く、無人契約機などでカードを受取れば直ぐに利用ができるでしょう。

 

プロミス

最短で利用できるようにしたい場合は、インターネットからの申込が便利です。限度額は50万円以内して、平日の14:00までに契約完了できるように申込ましょう。カードできっゃ寝具したい場合は、ネットで申込をして、無人契約機に行って、その後の手続をしてカードを受取るようにします。カードなしでも登録した銀行口座に振込融資を申込めば、無人機まで出向く必要もありません。三井住友銀行・ジャパンネット銀行であれば、土日休日でも振込してもらえます。また初めての申込みであれば、30日間の無利息期間(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)が有るので、短期であれば返済利息は少なくてすみます。もちろん個人事業主が事業資金として利用するのも可能です。

自営者カードローン

消費者向けカード以外に、自営者カードローンという自営者が申し込めるカードがあります。300万円までの利用限度額です。

アコム

こちらも申込から審査、利用までが早いカードローンです。平日の14時までに契約を完了すれば、最短1時間でキャッシングや振込融資を利用できるようになります。ATMからのキャッシングにはむじんくんでのカードの受け取れが必要ですが、カードがなくても、銀行口座を登録しておけば(楽天銀行の口座を持っていれば土日休日でも)振込融資が受けられますので、カードがなくても大丈夫です。0:10〜23:50の間土日祝日問わず振込融資が可能です。

ビジネスカードサポートローン

個人事業主向けのビジネスカードサポートローンというカードも用意されていて、こちらは最大度額300万円になります。事業資金だけでなく、生活費にも使えます。

ページ上へ戻る | HOME


ホーム RSS購読 サイトマップ
事業ローン承認率の比較 審査基準 法人で借りる 自営業で借りる