個人事業主の資金調達方法

自営業者のビジネスローン

個人事業主の資金調達方法

一昔前と違って、今は個人事業主であっても、中小零細企業とさほどかわらない事業資金の調達先があります。ただもちろん法人化していないということは、売り上げ規模もそんなに大きくはないでしょうから、受けられる融資の額はさほど大きな金額はみ込めません。そんななかでも限度額が大きな融資をしてもらえるのは、日本政策金融公庫をはじめとする政府系金融機関です。ただし、手続きや審査に手間や時間が取られるので、急いでいる時などは、地元やネットからも簡単に申し込める銀行やノンバンクの事業ローンなどが現実的でしょう。
新規開業・創業資金

とくに創業資金の調達に関しては、民間からの融資はほとんど不可能だと思います。また可能だったとしても、金利や返済据え置き期間の有無などの条件を考えれば、創業時の資金としては不安があります。やはり新規開業で融資を受けるのならば日本政策金融公庫で融資を受けるしかないと思います。ただし開業に必要な資金の全額を融資してもらえるわけではありません。自己資金がある程度あって初めて融資してもらえます。
運転資金・設備資金

運転資金、設備資金の調達も日本政策金融公庫の融資が一番理想的ですが、書類準備や審査、手続きの手間などを考えると日頃から口座を作って取引している、信用金庫や地元の地方銀行で融資を受けるのが普通です。融資を受けて返済の実績を作っておくことが、その後の融資にも大きく影響してきますので、実績作りという意味でもある程度はメインバンクで資金を調達するというのもしておくべきです。

決まった金額や目的で融資を受けるのではなく、必要になった時に必要な金額だけ使える極度型のビジネスローンカードであれば、別に普段取引のない銀行で作っておくこともできます。

業績悪化時の資金調達

業績が良い場合は、メインバンクの銀行や信用金庫から追加融資を受けることはできると思いますが、業績が悪化してからだと困難です。赤字の確定申告書をいくら銀行に出しても融資は受けられません。そんな場合可能性があるのは、貸金業者の自営業者向けカードローンやビジネスローンです。赤字になっていても、融資によって、回復する可能性が見える場合は、融資をしてくれる可能性があります。直接消費者からのお金を融資している銀行と、貸金業者ではリスクの取り方が違うからです。ただし、返済できなさそうな人にも貸し付けて違法な取り立てまでするような悪質業者もありますので、どこで借りてもいいというわけではありません。銀行ならばとこで借りてもそんなことはありませんが、ノンバンクの場合は業者の選択はとても大切ですので、当サイトのトップページで紹介しているところを利用することをお勧めします。
即日必要な資金

その日のうちにでも現金が必要というような場合は、消費者金融のカードローンを作ってキャッシングや口座への振込融資を利用しましょう。申込当日にでも貸してくれるのは消費者金融のカードローンぐらいしかありません。

銀行のカードローンでは、事業資金としての使途を禁じているところが多いですしが、消費者金融のカードローンは事業資金としても利用していいというところが多いです。ただし、貸金業者は総量規制を受けるため、大きな金額を借りることはできません。また即日利用したい場合は50万円以内の限度額での申込みでないと困難なところが多いです。消費者金融は金利は高くなりますが、無利息期間を設けているカードローンをりようすればで、短期間借りるだけであれば、むしろ銀行よりも利息は少なくてすみます

売掛金がたくさんある場合

売掛金がたくさんある場合、金額的にいうと少なくても100万円以上の売掛金がある場合は、それを先取りする形で、お金を借りることが可能です。ファクタリングという融資方法で、負債とはならないので、事業者自身の信用ではなく、売掛金の支払いをする相手の信用度で審査されるので、相手先が大きい企業であるほど有利になります。もちろん相手先にそのことが盛れないようにしてくれます。特に個人事業主の場合、支払いを後回しにされて、翌々月以降の入金などと言ったことも多いと思います。それに対して、仕入れの資金は翌月だったり、現金払いだったりすることもあるでしょう。それで資金繰りが苦しくなっている場合は、利用する価値があると思います。詳しくはこちらをご覧ください。

 

ページ上へ戻る | HOME


ホーム RSS購読 サイトマップ
事業ローン承認率の比較 審査基準 法人で借りる 自営業で借りる